logo

Portfolio

t4

SANSHIBA RENEWAL

ガラスのタペストリーをつくる
化学強化ガラスの試み

スマートフォンやパソコンディスプレイ、コンビニのレジ、認証モニター
私たちの生活は、ディスプレイ無くしては成り立たない。
そこには、薄くて強いガラスが使われている。

『化学強化ガラス』の厚みは約2mm、スマートフォンやディスプレイに使われるガラスである。

『化学強化ガラスを建材として使った例はまだ無い?』

建築材料としてのガラスが厄介なのは、重いことである。
既に、水晶のようなガラス・発光するガラス・割れないガラス・見えないガラス。。。様々な建材ガラスは存在するが
布のように薄い化学強化ガラスは建築材料としてまだまだ普及していない。
『無ければ作ろう』と西社長
その場で、AGCガラス建材の皆さんと弊社との設計コラボレーションがスタートする事になる。
ガラス技術は心置き無いメンバーで。
MOAは2mmのガラスに色を与え、その新しいガラスに建築としての機能を与える役割を担う。

硝子加工:三芝硝材株式会社  ガラス施工:AGC硝子建材株式会社
設計協力:村田龍馬設計所
建築施工:石黒工建株式会社/担当:林多均
写真撮影:スタジオONE/柴田泰夫

Visit Project
Date
  • 2016年9月15日
Categories